顕彰事業

第3回『太田原豊一賞』(2021年度)

趣旨

本賞は、感染症領域および血液領域を中心に顕著な功績を上げられた研究者に対して、当財団の創業者である太田原豊一の名前を冠した『太田原豊一賞』を授与、顕彰することにより、「広く公衆衛生の進歩を図り、兼ねて自然科学の昂揚に資する」という当財団の使命を果たす事業の一環として取り組んでおります。

内容

賞:トロフィー並びに副賞1,000万円
件数:2件

対象者

感染症領域及び血液領域を研究対象とし、大きな成果のあった研究者で、今後も感染症領域及び血液領域の研究の進展に貢献が期待される研究者を顕彰します。
個人・研究チーム・団体等を「研究者」とし受賞の対象者とします。但し、原則として営利法人に所属する研究者は除きます。なお、過去に文化勲章、文化功労者及び日本学士院賞を受賞した研究者についても、原則として対象外とします。

推薦者

推薦者は、当財団が依頼した学会の代表者、当財団の評議員及び理事とします。

2021年度の推薦締め切りは8月31日です。


ダウンロード資料

推薦書.docx

推薦要領.pdf

これまでの『太田原豊一賞』受賞者

第1回「太田原豊一賞」(2019年度)受賞者

第2回「太田原豊一賞」(2020年度)受賞者